2007年04月19日

実用フランス語技能検定

実用フランス語技能検定とは

 実用フランス語技能検定とは文部科学省認定の検定です。
 ファッション・インテリアなどの分野でフランス語のニーズは依然
 高く、通訳やガイド・翻訳など就職・転職にも有利です。

実用フランス語技能検定試験

○受験資格 特に制限はありません

○試験日程

 1次試験:6月、11月
 2次試験:7月、1月

○試験場所

 1次試験:全国38箇所
 2次試験:札幌、仙台、東京、名古屋、京都、大阪、広島、福岡

○受験料

 5級:2,000円  4級:3,000円  3級:4,000円
 2級:6,000円  準1級:8,000円  1級:10,000円

○試験内容

 5級:初歩的な、聞き、話すことがことができる。。
 4級:平易なフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。
 3級:簡単なフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。
 2級:日常生活や普通の職場で必要なフランス語を理解し、
    特に口頭で表現できる。
 準1級:日常生活や社会生活に必要なフランス語を理解し、
    特に口頭で表現できる。
 1級:高度の内容をもつ文を含めて、広く社会生活に必要な
    フランス語を十分に理解し、自分の意見を表現できる。

○結果発表 試験日の30日後に発送

○難易度

 合格率 1級:約10%  2級:約25%  3級:約60%

問合先フランス語教育振興協会
TEL:03-3230-1603
URL:http://apefdapf.org/


posted by ガイド at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語,語学,貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。